FAUCHON HOTEL KYOTO

2021年3月16日オープンのFAUCHON HOTEL KYOTOに試泊させていただきました。

世界で2店舗しかないこちらのホテル。

京都はやはりパリと似たところがあるとのことで、

パリに次ぐ2店舗目は日本の中でも京都が選ばれたそうです。

場所は四条河原町も徒歩10分以内。

河原町通に面した所で、お出かけにもちょうどいい立地です。

エントランスを入ると、おとぎ話に出てきそうな階段が出迎えてくれます。

1Fにはお菓子やケーキの買えるブティックがあります。

入って右側にあるゴールドのエレベーターに乗り、10Fがレセプションです。

レセプションの奥にはバーが。

 

10Fにはその他、朝食〜夕食をいただけるレストランがあります。

——————————————————————————————————-

 

1F   パティスリー&ブティック

2F  ティールーム・ジム

3F  スパ・客室

4F〜9F  客室

10F レセプション・レストラン・バー

※エレベーターのボタンはカードキーをかざすだけで該当する階が光るタイプ。

     共用部のある1.2.3.10階とお部屋がある階以外はいけないようになっています。

——————————————————————————————————-

 

● お部屋 ●

・クラシック 35平米

(朝食・夕食付き開業記念プランで平日6万円台/土日8万円台)

行き損ねました。。。

公式HPを見る限り、広さが異なるのみで、

スーペリアと同じインテリアのバリエーションと配置だと思われます。

 

・スーペリア 38平米

(同プラン平日で6万円台/土日8〜9万円台)

ソファーは一人掛けの椅子が2つ。

ソファやクッションはHOSOOさんのものだそうです。

こちらのミニバーには置いてありませんが、お水もフォションのものが2本置いてあります。

スチームアイロンはカラー統一のため別注品だそうです。

パジャマ。

Do not disturbのタグがプリティーでした。

ドライヤーはダイソン。こちらも別注品。

フォーセットやシャワーはKOHLERのゴールドのものでした。

鏡の反対側はお手洗いですが、ガラスの壁にはHOSOOさんの装飾が施されていて

所々に和を感じました。

 

・デラックス 45平米

(同プラン平日で7〜8万円台/土日9〜10万円台)

スーペリアとの違いは広さもですが、ソファーに計4名は座れるところです。

バスルームはスーペリアと同様でした。

 

・スイート 56平米

(同プラン平日で9万円台/土日11万円台)

フォーセットがシルバーでした。

 

・プレステージスイート 61平米

(同プラン平日で10万円台/土日12万円台)

こちらもフォーセットはシルバー。

スイート以上のフォーセットはシルバーなのかもしれません。

ゴールドのフォーセットを狙われる方は、要確認です。

 

● ディナー ●

パリのフォションホテルのレシピを再現されたのは

総料理長の枡直人シェフ。

パリとの時差がありながらも、ZOOMで毎日やり取りをされていたそうです。

このご時世で沢山のご苦労があったかと思いますが、

パリと京都の食が見事に融合した楽しいお食事でした。

 

 

アミューズはシュー生地のチーズパンでした。

前菜は「フォション特製 鴨 フォアグラ ピスタチオのパテ・アン・クルート」

「かぼちゃのスープ トリュフマスタード風味」

魚料理「ズワイガニのクロケット ペルノ酒風味のブイヤベースと共に」

肉料理「京都丹産 赤地鶏もも肉の赤ワイン煮込み ”コック・オ・ヴァン” 春人参のロースト 春トリュフ」

肉料理は上のものか、

「京のもち豚コンフィ イタリア産白インゲン豆添え チョリソー オリーブピキーリョ」

の2つから選べました。

デザートは選べますが、全ていただきました。

流石フォション、どれも美味しい…!

ドーナツ型のものは、リキュールをしっかり染み込ませたシフォンケーキでした。

白いものはバニラのプディング。

黄色のお皿に乗ったものは、エクレアや

Bisou bisouと名付けられた唇の形をしたマンゴーとココナッツのケーキです。

シグネチャーのケーキだそうで、下のパティスリーではもう少し大きいピンク色の唇が買えるそうです。

お部屋にテイクアウトして、ティータイムを楽しむのもいいかもしれません!

デザートもこちらのケーキ類か、

チーズセレクション(フランス国家最優秀職人章のエルヴェモンス氏チョイスのもの)

から選べました。

食後の温かい飲み物は、コーヒーか紅茶(フォションブレンド)です。

ダイニングにはゴールドの南部鉄器が。

 

● 朝食 ●

ブレッドとヴィエノワズリーセレクション。フォションのジャムと北海道のバターとともにいただきました。

フレッシュフルーツジュース(オレンジ・グレープフルーツジュース)or 京都クローバー牧場の特別牛乳

京都地元野菜の温野菜 。サラダにもチョイスがあり、シーズナルサラダもありました。

卵料理はオムレツ・スクランブルエッグ・サニーサイド・ボイルドエッグ(ソフト・ハード)・ポーチドエッグ

から一つ選べます。私はスクランブルエッグをチョイス。

また、卵料理の付け合わせも

ベーコン・ジャンポンドパリ・フォション京都オリジナルマリネサーモン

から選べます。

その後、フレッシュフルーツサラダの京都クローバーのフレッシュヨーグルト

チーズセレクションが。

そして最後は!フォションホテル京都特製小菓子のマカロンが立派な姿でお目見えします。

紅茶と一緒にいただきました。

 

● 共用部 ●

3Fにあるスパ。

フォションのスパは世界初だそうです。

このオリジナルのオイルがとってもいい香りでした。森林浴がイメージだそうです。

こちらのオイルはKOS PARISという日本初上陸のブランドのものです。

ライトも素敵!小市さんっぽい!

 

2Fティーサロン。茶器も揃っていました!

フォションホテル京都のコンセプトは「FAUCHON Meets Kyoto. Feel Paris.」だそうです。

ポップな中にも所々に感じる和があるからか、エレガントさが感じられました。

窓も拘られていて、京都にいながらもパリを感じさせる工夫があったりと面白かったです。

京都にあるホテルは和に寄せようと拘られるホテルが多い中、フォションホテル京都は真逆を行きつつも

和の要素をバランスよく取り入れられたホテルだった様に思います。

昨年オープンした、フォーシーズンズホテル大手町と同じデザイン事務所の

デザインスタジオ・スピンさんが監修されていますが、

和と洋の絶妙な組み合わせが今回も堪りませんでした。

次に手掛けられるホテルも楽しみです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Scroll Up